上野へ

昨夜、友達から頂いた1枚の切符を
大事に握りしめて、やってきました
上野の、国立西洋美術館
画像

もちろんお目当ては、光と影の天才画家
フェルメールの、真珠の首飾り
画像

毛皮の縁取りのコートの襟元に
パールのネックレスを付けて
壁にかけてある、小さな鏡をのぞく

窓から差し込む陽の光が、
やわらかな、雰囲気を醸し出す

想像よりも小さな画像でした

何時も左の窓辺から差し込む光を
同じような角度から描いていても
どの作品も新鮮だ

でも私たち日本人には、
耳飾りの方がなじみがあるんじゃない
画像


レンプラントやベラスケス等々・・・
時代ごとのステージに分かれて
見どころいっぱいの、ベルリン国立美術館展

頂いたフリーチケット、十分に堪能した
外に出たら ワー!!真夏ー 暑ーい
でも久しぶりに来たので、公園でも歩いてみよう

広い公園、何度か来ているけど
知らない所もいっぱい
上野動物公園交番、変わった建物
画像

少し歩くとこんな母子像が・・・
画像

東京大空襲で、犠牲になった方を
わ・す・れ・ず・・・・
そして今平和な時を刻む時計を
幸せを願って、林家三平さんが寄贈したそうです

それにしても平日なのに、上野の森は
凄い人出、こんな沢山の人もただの行きずりの人
二度と会うことはない
画像

公園を少し離れ、不忍の池の方に足を向けた
さすがここは、この時間帯人影まばら
画像

夏の名残を惜しむように、1輪だけ咲き遅れたハスの花が・・・
画像










出会い

これもシダの一種でしょうか
散歩の途中何気なく撮ったもの
画像


1枚の写真から、とんでもない想像をかきたてる
木陰からのぞいた空を、ぼんやり眺め
画像

思い切り深呼吸、見上げた空は
あれ!! あれ!!
この雲何に見えますか
画像

ほらこの間の、オリンピック
必死に泳いでいる水泳選手?
北島がんばれー!! ちょっとこじつけかな

歩くたびに自然との出会いが楽しい

この時期、思い切り体震わせ
8日目で、自分の命の終わりを知ってか
狂おしいほどの鳴き声が、こんな小さな体のどこから
画像

こうして蝉の鳴き声とともに、一夏が過ぎて行く
今年の暑さには、閉口するが
季節を見送るのは寂しい

残り少ない夏の花  派手さはないのだが
画像

画像

ニラの花も、可愛いですね
画像














秋ってなぜか

言葉にすると寂しい季節ね

秋風・・?と思わせる程、朝夕、風が涼しく感じられる
夏は熱風、冬は北風に、心まで凍てつき、
春は緑のそよ風に、さわやかな季節を感じる

私達の体も、それに素直に反応する
言葉のマジックって凄いですね
言い方ひとつで、抵抗なく順応できる

道端で見かける草花も、ちょっとお休み時期かしら
強烈な色の向日葵や、この間まで沢山あったハスも
すっかり影をひそめた。
歩いていると山藤?が葉っぱにかくれて
画像

でもきれいでしょう。大分実も出来てきたみたい
珍しく紫式部の花が、 まだつぼみでした

画像

今日も、大分歩いたわ、木陰のトンネルを
いくつも出たり入ったり、またその先から
視界が明るくなって、ギラギラ太陽がのぞく
画像

画像


でも見て見て、凄ーい、木陰を出た途端
太陽に大きな日傘をしてくれました
思わず空に向かって有難う

画像


見て見て見て 私の好きなカモが、えー!!
これ凄いよね。 カモが3羽  真中にいるのカラスですよ
仲良くジーとしてました。今日は意外な光景










思い出再び

今日はサークルで、それぞれ最近のトピックス話して
私にとって、中国旅行の思い出は,それなりにエンジョイ・・・
でも暑さとの戦い、が強烈過ぎて

それに比べ軽井沢の、心地よいひと時はまだまだ鮮明です
サイクリングってこんなに楽しいものなんだって
マイナスイオンいっぱいの、森林浴

画像

夏の避暑地は、心も体もリフレッシュ
年に1度は足を運びたいわね
私の一押し思い出はこんな所かな

皆それぞれの出来事語って
帰りはそのままの流れで食事
画像

何時ものことながら、ココスに決まりー
だって私達此処のメンバーだから
何時も10%引き、これが大きいのよ

暮の忘年会これで足りちゃうくらい
メニューは飽きてしまうことあるけど
楽しい話でカバーしよう

仲間の1人が、デザートの半額券
いっぱいあるけど使う・・・?
一つだけ取ってみようかと言う事で
画像

うひゃー!!
びっくり・・・これ食後のデザート???
5人で食べきれませーん 若い人ならいけるのかなー
笑っちゃいました.  幸せなひと時 








読書でも・・・

画像

今日は、朝からあまりはっきりしない天気
気持ちもすっきりしないし
こんな日は、じっとしているのがいいのかな

空気入れ替えー
窓を開けたら大輪の朝顔が目の前に
画像

一本しかない、去年のこぼれ種のつるが
壁を伝って、二階まで伸びる勢い
花も数えきれないくらい、あとからあとから・・

空模様は相変わらずどんより
友達から借りた本、芥川賞受賞の
冥土めぐり
画像

自分だったら、こんな家族構成の中で
どうやって生きていくだろうなーって

もう一冊も同じように、自分の立場だったら
どう対応できるかな?と思う本に出会った

嫁してインドに生きる
タゴール瑛子さんと言う方が書いたもの
全く未知の世界、インド人と結婚し

まだカースト制に、支配され
100以上もの部屋を持つ 貴族の家に嫁ぎ
格闘しながら、徐々になじんでいく家族とのきずな

読むだけの世界からイメージしても
あり得ない遠い世界だ
でも作者にとっては現実…凄い
画像


たまに読書しないと、本当に思考能力鈍るわよね
それでなくても最近、考えることより
忘れる方がずっと多くなって

いつか訪れるかもしれないその日を
少しでも先送りしたいです

















もうこんな時期

雲の間から真っ青な空がのぞく
今日も残暑が、厳しそう
久しぶりに、歩くことにした。

画像

あちこちでかけた後、少しストップしたウオーキング
本当にしばらくぶりだ、足が軽い
歩き始めてすぐ、景色が一変した。

この間まで真っ青だった稲穂は
黄金に輝き、深く頭を垂れ
実りの時期を迎えていました

すでに、刈り取られているところもあり
もうすぐ食卓にも、と思うと、食欲の秋
日本の秋っていいなーって、つくづく思いますね
画像

それにしても、月日のたつのは早い
めまぐるしく去っていく毎日を、止めることはできない
だから自分も必死について行こう

下ばかり、向いているわけにもいかない
でもこんな可憐なポーチュラカが足元に

画像


画像

ピンク
画像


どの花見ても きれいだねー











夏の終わりに

8月最後の日に、軽井沢で夏を見送る
なかなか気持ちのスイッチが、切り替わらないけど
確実に足音は近づいている

きれいに整備された、林道
限りなく続く緑の木立の中に
季節を見送ったように、ひっそりとたたずむ別荘

画像


画像

木漏れ日が、とても優しく降り注いでいる

画像

紅葉シーズンはまたにぎやかになるのかしら
いつまでもこの場所を、心にとめて

それにしても、軽井沢は癒しの空間や
心落ち着く場所が沢山ある

聖パウロ教会、お祈りをする方は中へどうぞ
言葉に導かれて
画像

あまり入ったことがないので、
そーっとのぞかせてもらった
静かー・・・クリスチャンじゃないけど、アーメン

画像

先礼を受けた気分で、外に出ると フッフッ!
心も体も軽くなった??・・・・

ここは長野県、やっぱり〆は信州のお蕎麦でしょう
画像

きれいなお庭を見ながら、プリンスホテルで・・・

画像

今年の思い出に、軽井沢の夏が加わりました。










雲上池

画像


神秘的な湖 吸い込まれそうな湖面に
真っ青な空、真っ白な雲が
まぶしいほど美しく映える
画像

優雅に大きな鯉が、波も立てずに泳いでいる
この池は散歩コースになるくらい広い池だ
沢山のカモがこれもまた、美しい泳ぎを見せている

青空を映す
素晴らしいコントラストの湖面の景色に
自分の姿を重ねて、見劣りしないでしょう
画像

たまには対になって、踊っている

画像

その時、一羽が勢いよくこちらに向かって来た
水かきの後が扇状に広がって
画像


何か見つけたようだ、 何処だ何処だ
少し迷ったかと思った瞬間
画像

見て下さい、逆立ちして水中に突進
思わず笑っちゃいました。
エサが採れたのでしょう。

あちこちで、同じような現象が見られました。
満足したカモが思い切り水面を蹴散らして
反射していた木々の緑が・・・
画像

驚きー ピカソの芸術品に匹敵?
沢山のパフォーマンスを堪能し

心残りながら、美しい湖を後にしました.
一輪のアザミに見送られ
画像











軽井沢

今日も早めのお出かけ
遊ぶときは、あまり時間が気にならないが
電車が込み合わないか心配

案ずることはなかった。6時台はまだ
ラッシュアワーになっていなかった、大宮で皆と待ち合わせ
いたいたいた   今日もにぎやかになりそうだ
画像

新幹線も久しぶりに乗る、満席状態だ。
軽井沢は日帰りコースには、最適な場所かも・・・

画像

心地よさを、感じている暇もない
おしゃべりしていると、あっという間の到着
着いたぞー サーどうしよう

今にも泣きだしそうな空模様
都会と違って湿気はない
とりあえずパンフレットをかき集め外に

画像

まだ早いせいか、駅前はひっそり
きれいな花がお出迎え
何処にでもある花だけど、感激!!
画像

皆で話し合った結果、自由に時間もコースも
行先変更もできる、サイクリングに決定
各々自分に合った、自転車を・・・

専用道路があるので便利だ
まずは軽井沢銀座へ
よくテレビに出るパン屋さんをのぞく
画像

いよいよ森林浴、ここでは目の覚めるような癒しを
マイナスイオンいっぱいの、木々に覆われた道
足を止め、しばらくこの空間を私達だけの時間に
画像


なかなか先に進まない
万平ホテルに着いた時には、1時間も過ぎてしまった
優雅にお茶タイムにしようよ
今度はおしゃべりで時間が過ぎる
画像

これが思い出になった時
もっともっと膨らんだものになるんでしょうね
ブログもなかなか先の観光に、進みません

またこの続きは、あしたにしよう。


























最後の日

これで中国の旅行は、もう打ち止めね
何度もこんな事言いながら、これで5回目
上には上  11回目と言う人もいた

あっという間の、4日間の旅
それにしても、ここに来て初めての曇り空
断続的に、雨も降って涼しくなったけど

台風の接近らしい、通り道であるけど
大体台湾がクッションになって,大きなものは来ないそうだ
風は木々の枝を大きく揺らしていたけど
画像


遅い出発なので、途中お土産屋さんによって
時間つぶし 残ったお金使っちゃおうよ
結局皆でかき集めて、足りない分は日本円で

画像


ここは、日本人だけを相手にしているお土産屋さん
わたしたちが外に出たら、すぐお店のシャッターも絞められた
一路空港へ、来る前は不安だったけど、

空港について、カウンターで座席のチケット取ったら
4人ばらばらだった。仕方ないかー
無事これで帰れる。 ホッ!!

空港の中のお店も、似たようなものが並んでる
お金ないけど、日本円でOKよって言われると
つい手が出てしまう
画像

画像


帰りのコースは少し大回り、約4時間
成田に着いたら7時15分、着陸直前
西の空に、それはそれは美しい夕焼けに出会えました

窓際ではなかったので、
近くの方に写真撮ってもらって
でも少しボケてます
画像


成田でバスの出発時間まで、1時間も待たされたけど
やっぱりバスは、乗り換えないし
荷物も預かってくれるし、便利

また今年も、旅行仲間と
暑ーい夏の思い出が、加わりました







中国(3)

今日は最終観光
オプションで世界遺産 華安土楼へ
アモイからつり橋を通り 大陸へ

画像


何か違う国に行くような雰囲気
大陸側なので景色も違って来た

今まではリゾート地として高ーいマンション
こちらに来ると、山や畑が目立つ
福建省のエリアは、中国でも生活水準が低い方らしい

目的地まで2時間半の、バスの長旅
あたりの景色は、フルーツ王国と言われるように
ライチの木、マンゴーの木、パイナップル畑まで
画像

道端のバナナも、花は初めてです

そのうち限りなく広がる、だんだん畑には
これぞご当地、 鉄観音茶が所狭しと植えられ

画像

場所によっては、まさに摘み取り時期
画像


日本と違い手摘みでした

世界遺産華安(ハッカ)土楼、
これはどうしても見たかったので、オプションを取った
見事な造り 300年前のものです。

画像

昔、騎馬族によって故郷を追われた人たちが
逃げ延びてここにたどり着き
これ以上、山に行く手をを阻まれ、
この地に落ち着いたという、今でいう難民かしら

30年もかけて作ったこの建物は、円形の3階建て
中央には昔、豚やニワトリ馬など家畜を飼っていた広場
階段は2か所あり、部屋がいくつもわかれている

今は世界遺産のため、人は住んでいないが
お茶屋さんや、お土産屋さんが、中庭を囲むように
軒下にみせをかまえている

ここはほとんど、お土産と言ったらお茶くらいで
他にめぼしいものがない、
仕方ないかー重いけど、もう明日は出発だ
画像


帰りのバスは、ほとんどお休みタイム
アモイに着いた時には
夕暮れ時、最後の夜が近づいてました











中国(2)

2日目の朝は、ホテルのバイキングから
7時からなので、少し早めに起き
ホテルの外へ

この島は、岩盤の上にできているので
地震はないと言う事で
建物は上は上へと延びている

ホテルの前も、岩盤をくりぬいたトンネルが
どっしりと構えている
画像


そういえば、海岸の広場にも
書道広場と言う所があり
大きな石の上 いたるところに達筆な書が
画像

今日は対岸に見える、コロンス島と言う所に
船で渡り、それ程高低差はないが
ウオーキング予定

船に乗ること たった15分
到着すると、待っていたのは
じりじりと照り返す太陽の日差し

これから2時間のウオーキング
マジですかー●●●?
皆、口数がすくなくなった

今日の天気は快晴、温度34度
湿度80%(?) 体感温度40度以上
これってクーラーの中にいるべきじゃない

歩き始めると、ガイドさんが
ここは以前のイギリス大使館
ここが以前の日本大使館

画像

画像


教会の前では、カップルが前撮りの
写真撮影 化粧なんか道端でやっている
日がいいのか、こんな暑いのに何組も・・・
画像

画像


写真なんか撮っていると、途端に置いて行かれちゃう
ガイドさんも毎日の事で大変なのか
あまり人の話は聞かない。一方的に話して終わり

だらだらと2時間のコースを終え
ここで休憩です  抜け目ないね お土産屋さんだ

でも助かるー お茶のサービスと
オープンドアーながら クーラーがきいている

こちらの島から対岸のアモイ
海面からは、大きな岩がつきでている
やっぱり石の島だ
画像


日本の墓石も、ほとんどここからのものらしい
ここでは御影石でできているものは
価値が薄いらしい

サー船に乗りますよー
ガイドさんの後ろ姿に、改めて今日のコースの
きつかったのを、思い知らされる

紺色のTシャツ、背中が塩をふいている
皆も汗びっしょり  今日の暑さは
頭もやられたみたい、ボーとしてます

暖かい所なので、ここではよく
ブーゲンビリアの花を見かける。
画像

キョウチクトウも少し、心の癒しに・・・

画像


夕食は海鮮火鍋、ガイドさんお勧めです

画像


無事2日目が終了












中国(1)

朝4時起きし、まだ目覚める前の
街並みを後に、始発電車でいざ・・・
みんな集まれば不安も一掃

上野から電車で

スカイライナーの窓口があいていない
駅員さんに聞いたら、こちらの方が
早い到着ですよ

明るくなってきた窓辺に
ビルの谷間を突き抜けるようにスカイツリーが見えてきた
画像


成田は比較的すいていた
さあ出発 日本の空は快晴だ
画像

荷物預けて身軽になったら
朝の早さが少し答えて皆、眠そう

でも飛び立ってすぐ、窓の外に飛び込んできた
この景色、何度か見ている
何時も雪が少し残っていたような気がしたけど
画像

上からの富士山は、いつも見る雄姿とは違い
ぽっかり空いた噴火口が、不気味な感じもします

3時間ちょっとの飛行時間で
目的地アモイに到着ー
近くても遠い国でーす


時差が約1時間、さっそく観光が始まりました
ここは小さな島、周囲140キロ
車で中心から走ると何処へでも15分くらいで行けますと
ガイドさんお話

最初に訪れたのが400年前の
南普蛇寺と言うお寺
画像

ここでは小豆粥とか、蒸しパンみたいなものを
自由に食べられる。抵抗あったけど
小さい一口サイズをもらって分けて食べてみた

1時間近くも階段の上り下り、暑さも体力もピーク
次の目的地、マラソンコース?に着いた時には汗だく
海岸がきれいですから、バスから降りてみましょー

写真撮るわよーって言ったら
お友達がおどけてみた
画像


この後お決まりのシルク店、お茶屋さん
コロンス島の夜景・・・
長ーい 長ーい1日が終わりました





















楽しみも不安も

友達が、貸してくれた一冊の本
誰でも1度や2度はテレビなどで
目にしたことがあると思う

画像

テレビで見る本村洋さんと言う方は
とても凛々しく男らしい、正義感に燃えた
そんなイメージで・・涙抜きには読めない

妻と子供を殺され、9年間もの長い格闘の末に
法律をも、変えてしまうほどの
執念を持った納得の判決に・・・
画像

どうして人生って、予期してないことが
こんなにも突然起こるのかしら
いいことがあるからと、先を見つめ頑張っているのに

読み終えても、何かすっきり、と言う事はない
この青年の これからはどうなっちゃうの?

理不尽なことは、世の中いっぱいある
尖閣諸島でもめてる中国との問題
どうなっちゃうの、明日から中国旅行なんだけど

画像

少し心配だし、気持ちが全然乗らない
アモイと言う場所

画像

日本ではまだ、マイナーな所だけど
地元の中国では、リゾート地として
人気のスポットらしい

気が重たいけど・・・何とかなるわ

その前に、今日は歯医者の予約
もう1年以上通ってるけど
なかなか終わりが来ない

画像

ここの先生は、中国人か韓国人か
話がちょっとずれる、分かってくれてるかしら?って
思う時がある。 でも近いので便利

帰りに、友達の所よったら
ミニトマト、ゴーヤ、ナス、ピーマン等々
沢山くれた。 明日早いから今日は早く寝ようね
画像


よろしくね











おめでとう

画像

昨日サークルの帰り
恒例となった、梨園に寄ってみた
毎年の事なのだが、自然相手の仕事、どうだろー
画像


今年、ももう幸水が、みごとに実を付けてました
もぎ取りは、この辺ではやっていないと思いますが
時価売りしてくれます

画像

不揃いですが、味は変わりないですよ
それでも、大きいもので12個も入って
500円、安いでしょー。おまけもくれました。いつもの事です。

2袋買って来た。今日は友達の息子夫婦が
家を買ったので、お祝いかたがた
梨も持って行ってあげた

画像

何度言っても、いいですね
自分も幸せ気分です
画像


やっぱり新築はいいわね
画像

家の中はまだ散らかっているからダメー
じゃー部分的にね

画像


お祝いっていいですね










久しぶり


今日は旅行仲間と、1週間後に迫った打ち合わせ
暑いから蓮田まで(中間点)・・・
駐車場も広いから、ドンキーの中のケンタッキー

画像


誰もいないし、落ち着いて打ち合わせ
なのに時々話が飛ぶ
以前、同じ会社で働いていたので

当然そっちの話で花が咲く
あ!そういえば昨日、読売新聞に
会社の記事大きく出てたわよー
画像

凄いじゃない こんなに大きく埼玉版を占めて
何度かテレビで見たけど、
自分の在籍した会社が、繁栄しているのはうれしい

私はここで、飛行機の部品や
内視鏡の、部品最終出荷検査を
考えただけで気が遠くなりそうな仕事

サイズの小ささも、半端じゃないし
こんなものですよ
画像


比較して見て下さい これマウスですよ(右)
こんな小さいものでも、
100ケ所以上測定するんですよ

1日の終わりは、いつも疲れと
ストレスの塊でした
懐かしい話で、本題を忘れてました。
画像

兎に角旅行当日は、
朝早く出ないといけないので
東大宮の始発ではぎりぎり

余裕持ちたいわねー、2人は岩槻なので・・・
お互い旦那さんに送ってもらおうと言う事に
決まりー

じゃー後は当日ね
今この時期、中国とはあまりいい状態ではないけど
3ケ月も前から決めた事、複雑だけど楽しみ・・・

朝はきれいに咲いていた
朝顔とハイビスカス
画像

画像

やっと咲いた朝顔も、本当に短いものですね
夕方しぼみ始めて
1日の終わりを知らせてくれました












お盆休み?

画像


近所の散歩道で、家の前に花を植えて
通りがかりの人を楽しませてくれる人がいる
手入れをしてくれている方に声をかけてみた

珍しい花ですねって言ったら
それは朝鮮朝顔ですよ
触らない方がいいんですよ、って言われてしまった
画像


これから花を咲かせます。こんなにたくさん花芽が

画像

いっぱい手入れしてくれているんですね
画像


夕方西の空に素敵な雲を見つけました

画像


画像

黒ずんだ雲の切れ目から
沈みかけた太陽のひかりがさし
赤く染まった空がとても魅力的でした









終わりましたね

画像


オリンピックも、目の覚めるような演出とともに
オープニングセレモニーが、まだ記憶に新しいまま
17日間があっという間でしたね

泣くも笑うも、精一杯戦った中で
メダルの数も、沢山取れ
4年間の集大成が一瞬でしたが、夢の様な感動を頂きました

画像

私はバレーボールだけが
楽しみだったので、もう言うことありません

団体なので、4年に1度のメンバーが
凄く良いチームワークだったのでしょうね

画像


それにしても、今回のオリンピックは、
色々な事が、多すぎたような気がします

ミスジャッジに始まり、(あのボクシングのレフリー)
選手の脱走?、韓国サッカー選手の
意図的な政治的介入(断固抗議すべきだと思う)

画像


様々な思いを載せて、また4年後ですね

オリンピックに浮かれていたら
世の中の情勢は待ってくれないわね

日本の国会も、野田総理の命がけの法案が通り
知らないうちに?
低所得者の生活を、圧迫する事に・・これでいいの?

知らないって言えば、夜空に
繰り広げられる天体ショー
今年は、金環日食も見られたし

画像

画像


知ってましたか?金星食・・・私ははじめてです
金星を月が横切る瞬間、
宇宙の不思議にも、心踊らされました


空を見るのは好きです。昼も夜も
下を向いていると、気持ちもネガティブになります

何はさておき、暑い夢の祭典が終わりましたね
下クリックしてね なかももう一度クリックね

http://www1.nhk.or.jp/olympic/





健康維持

画像


私にとって歩くと言う事は
唯一、健康維持の手段である

何も考えずに、足の向くまま・・・ということもあれば、
今日はここにと行先を決め、気合を入れることも

市民の森の入り口に大木の生い茂った中で
セミの鳴き声
画像

私も泣きたい時あるのになー

心が何かに押しつぶされそうなときは
何を見ても、気持ちが晴れない
仕方なく受け入れて、引きずっていくしかない

そんな時でも、優しく迎えてくれる
様々なお花
画像

画像


第二公園に寄ると、いつもイベント会場をのぞく
今日は何も無し さすがにお盆前後は、
それぞれ皆、忙しくて余裕ないのかな

エントランスの、ポーチュラカが
とってもきれいに咲いていた
画像


大宮公園の噴水を見ながら
画像

何時ものパターンで、氷川神社にお参り

帰り際、参道を歩いていたら
アンケートに答えて下さい

何かしらって言ったら、
簡単なPRに使うための調査らしい

つまらないものですがって
こんなものくれました
ほんとに・・・・・でも良く見たら消しゴムでした
画像

最近の子供は、こんなかわいい消しゴム見て
勉強したくなるのかな


















.

飛んで・・飛んで

真っ赤なケイトウと、ホウセンカの咲く道を
通り抜け、田んぼ添いの道に

画像

この間実を付けたと思った稲穂が
もう頭を、垂れている 早いものですね
画像

隣の、水の張ってある田んぼには
今日は少なめのカモが
そのかもに見送られて、優雅な舞を・・・
画像

一瞬だったので、あわててしまい、
連写出来ず、ちょっと残念な出来栄え

それでも気分良く帰ってきました
胡麻の花も、実をつけて
後1ケ月もすると実りの秋かしら

画像


色合いがちょっと寂しいので
通りすがりの花を、撮ってみました
画像


画像